はずれ、ハズレ、はずれ、アタリ、はずれ、ハズレ。 ひたすら重賞レースに挑むシロウト競馬。 ココのユル~い予想を参考にしちゃダメったらダメ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
東京10R 第77回 東京優駿(ダービー) 結果

1着 ☆ 1.エイシンフラッシュ(7番人気)   2:26.9
2着 △ 8.ローズキングダム(5番人気)    クビ
3着 ◎ 7.ヴィクトワールピサ(1番人気)   1.3/4
4着 - 13.ゲシュタルト(12番人気)      クビ
5着 △ 3.ルーラーシップ(4番人気)     アタマ

6着 〇 9.ペルーサ
9着 ▲ 12.ヒルノダムール
  △ 5(10着)・6(13着)

買い目は、
三連単 7⇒(9・12・1)⇒(9・12・1・3・5・6・8)
馬単 (9・12)⇒(9・12・1・3・5・6・8)
・・・・ハズレ
 

東京12R 第124回 目黒記念 結果
 
1着 △ 12.コパノジングー(5番人気)   2:34.8
2着 - 8.イケドラゴン(9番人気)      3/4
3着 - 4.フェニコーン(7番人気)      ハナ
4着 ▲ 3.スマートステージ(6番人気)   1.1/4
5着 〇 2.アルナスライン(2番人気)     クビ

9着 ◎ 9.トップカミング
7着 ☆ 1.トウショウデザート
  △ 7(8着)・11(6着)

買い目は、
三連複 9-(2・3・1)-(2・3・1・7・11・12)
・・・・ハズレ


【今日のひとこと】 
ダービーは意外な展開になりましたね。
前半1000mの時点(61.6秒)で少々スローな展開だったが、
そこを過ぎてからさらに13秒台のラップが続くという
異常なスローペースに陥ってしまったレース。
しかしそれが一転。直線はもう、スプリント戦か?と
思うような上がり勝負になってしまった。
1・2着馬の上がり3Fが32秒台というレースでした。
つまり勝った馬は、ラストは10秒台のラップを出していることになる。
2400mのレースなのに。。。

個人的にも、また馬券を買った大部分のファンの頭の中では
ヴィクトワールピサペルーサの叩き合い」のイメージが
想定されていたのかもしれません。
そう、オークスアパパネサンテミリオンのような。。。

ゴール後の観客席の微妙な空気が
テレビの画面からも伝わってきました。

第77回ダービーを制したのはエイシンフラッシュでした。

ではまず優勝馬エイシンフラッシュから。
道中は中団やや後ろめの内でジッと我慢、直線に入ってもギリギリまで我慢。
前にいたローズキングダム(2着)がトップギアに入るのを見届けたように
エンジンを吹かしました。
結果、瞬発力を活かせた馬が1・2着になりましたね。
前走の前に一頓挫あって、ぶっつけで臨んだ皐月賞で差の無い3着。
個人的には皐月賞の上位組みは評判ほど力差は無かったと思っていました。
今回は、上積みがあったのと展開が向いた為突き抜けたのであって、
もともと能力のある1頭だったと思います。

2着は、ローズキングダム
惜しかったですね!先頭に出た時は手応えが良くて勝つかと思いましたが、
勝馬にかわされた後は、脚色が同じになってしまいました。
この馬も皐月賞4着、当時は調子がイマイチと言われてて、
また馬場も合わなかったにもかかわらず僅差の4着でしたよね。
皐月賞の結果から、能力を再認識させられました。
今回調子も良さそうだし基本的に広いコースの方が
向いていると思うので高評価していた1頭でした。
やはり展開が向きましたし、テン乗りの鞍上も完璧な乗り方でしたね。
あれで負けたのなら仕方が無いと思います。

3着は、1番人気ヴィクトワールピサ
ここから馬券を組み立てていた私にとっては、残念な結果でした。
あの展開では・・・・正直、仕方が無いです。
あんな瞬発力勝負では、当然、分が悪いです。
むしろ、あの展開でよく3着に来たと褒めてあげたいくらい。
負けましたけど、力と完成度はやっぱり最上位ですね。
基本的には、中山や阪神内回りが合っているのかもしれません。
デビュー戦では、今回と同じような瞬発力勝負になって、
ローズキングダムに負けているので、今回のレースの流れで
ローズキングダムに負けたのはある意味納得でした。

4着は、ゲシュタルト
この馬はよく分かりませんね。
じつは予想時に大穴ならゲシュタルトだと思ってたんですが、
さすがに買い目が増えてしまうので、最後に斬りました。
正直言うと、全着順でこの4着に一番驚いてます。
いや、京都新聞杯の勝馬ですもんね、それは馬に失礼か。。。
たぶん、人気にならないタイプなので狙い続けると面白いかもね。

5着は、ルーラーシップ
大健闘だと思います。まだまだ成長力がありそうなので、
秋が本当に楽しみですね。本格化はこれからだと思います。
いずれは中距離路線で活躍していきそうですね。

2番人気だった、ペルーサは6着。
よく追い込んで来ていたのですが・・・残念でした。
苦手なスタートで後手を踏んだのがかなり響きましたね。
ペースが遅くなったところで、果敢に仕掛けていったのですが・・・。
パドックでは少々落ち着きが無かったようです。
G1といういつもと違った雰囲気に馬がちょっと戸惑ったのかもしれません。
王道路線が本番で強いのは、そういった雰囲気に対する経験値も
見えない影響を与えるのかもしれませんね。
けれど、横山騎手も言ってましたが、前走も今回もスタンドの
方が気になって走りながら見ていたそうで、
まだまだ馬が幼いのかもしれません。
経験と成長を活かせれば、秋はきっと巻き返すはずです。

ほとんどの人がこんな怪ペースなレースになるとは思わなかったでしょう。
強い先行馬が居ないメンバーで結果的にアリゼオがハナに立ちましたが、
むしろこのペースを作ったのは、2番手・3番手を走った
シャインコスモファントムのような気がします。
これらがアリゼオをもっと突っつくように積極的に行っていたら
あのようなペースにはならなかったと思います。
前に行ってなんぼの馬達がレースを流れさせなかったのが大きな要因でしょうね。
この2頭がスローに持ち込んでも上位に来れる勝算は無かったはず。
なのに、動かなかったのは何がしたかったんでしょうか?

ダービーとしては決着が付きましたが、
怪ペースの結果なのでこれがこのまま実力の順位だとは思いません。
秋にはきっと順位は入れ替わるでしょうね。
ただ、こんなペースでもそこそこ対応できていた馬もいるので
この世代が全体的に能力が高い馬達だというのは確かでしたね。

予想馬券は・・・仕方が無いですね。
いつものように三連複なら取れてましたが、ダービーでもあるし
三連単を狙っていきました。悔いはないです。
あ、目黒記念は・・・さっさと忘れます。(笑)

さて、次週は安田記念です。
混沌としたマイル路線、昨年と違って今回は外国馬にも
注意が必要なのかもしれませんね。

 安田記念は頑張るぞ!応援ヨロシクね☆↓
 ブログランキングpink

 
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

【2010/06/01 20:36】 | けいば☆予想と結果
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。